YOKONEの素材、手入れ方法紹介!水洗いはできるの?

YOKONEの素材と手入れを紹介!水洗いはできるの?

 

枕を使っていくうえで気にしないといけないのはその手入れ。
汗っかきな人などは購入前に確認しておきたいですよね。

 

ということでYOKONEの素材と手入れに仕方について解説していきます。

 

素材は独自特許

まずYOKONEの素材ですがちょっと特殊。
独自特許のウレタンで作られています。

 

 

独自特許といわれても感覚は低反発枕のものとそこまで違いはありません。
原材料としては、

 

枕の中身:ポリエステル100パーセント
内部カバー:ポリエステル100パーセント
枕カバー:ポリエステル100パーセント

 

こんな感じ。
アレルギーなどがある人は気を付けてください。
素材を見るとわかりますが、YOKONE本体の水洗いは厳禁です。
ウレタンなので洗っちゃうともう使えなくなっちゃうんですね。

 

手入れの方法は単純

じゃあどうすればいいのか、というと陰干しをするだけでOKです。

 

 

公式でもお墨付き。
というのもYOKNEのウレタン素材は小さな気泡がいくつもつながってできています。
空気のスペースが大きいんですね。

 

なので空気をしっかり出し入れすることで清潔に保つことができるんです。
毎日利用して空気の出し入れをすればそれで汚れの大部分はでていくということ。
また、どうしても落ちない汚れがついてしまうのが枕。

 

そういう時は枕カバーをしっかりつけて使いましょう。
カバーは取り外して水洗いができるのでこちらは手入れも簡単。

 

 

素材保護用のカバーじゃなくて枕カバーのほうなので注意ですよ。

 

まとめ

 

素材はウレタンでポリエステル100パーセント
空気を押し出すことで清潔に保てる

 

YOKONEは形が特殊なので一緒にカバーも購入しておくと便利。